キャッシュバッカーは本当に迷惑な存在なんです

出会い系サイトとか出会い系アプリとか、最近では便利なものが増えましたね。私はもう二十八歳なので、必ずしも若いとは言い切れない年齢なのですが、できることなら、私がもう少し若いころから出会い系サイトというものが普及していれば、もっともっと恋愛を楽しむことができたのではないか、と思います。

恋愛をすることと、結婚相手を探すことは全く違うといいます。
結婚した後になってから、若いころにもっと恋を経験しておくべきだったと後悔して、不倫をする男女が多いのだという話を聞いたことがあります。
なんとなく、そう考える人たちの気持ちもわかるんですよね。
最近ではそもそも、焦って結婚相手を探すより、気の合う異性の友達といつまでも遊んでいたいと考える人が増えたようです。
そういう男女の出会いも、出会い系サイトを利用することで可能になったわけですよね。

出会い系サイトというものが普及する前は、不倫をすることって、いまほど簡単ではなかったと思うんですよ。
また、近所の目も今より厳しかったと思いますし、こっそりと男女が出会いを求めること自体、いまよりも昔のほうが難しかったですよね。
出会い系サイトを利用して不倫をすることが正しいことだというつもりはないのですが、ただ、なんというか、好きではない相手と無理やり結婚してずっと生活していくよりは、自分が好きな相手と、たとえ結婚できなくてもずっとお付き合いしていけるのが幸せなのかなって、私なんかは思ったりします。

人妻出会いアプリを利用していると、人妻と出会うことも多いようです。
また、人妻と若い男性というのは、欲求不満を感じている者同士なので、性的なことでも意気投合しやすいんですよ。
若い女性は結構保守的な考え方をする人が多くて、セフレを探すにしても一苦労だという話をよく聞きますが、人妻が相手だったら、あんがい簡単にやらせてもらえたり……まあそれも相手が誰かによるんですけど。

ただ、出会い系サイトをどのように利用する場合であれ、これが決して完璧なサイトではないということは頭に入れておくべきでしょうね。
出会い系サイトというのは確かに便利なサイトですが、かならずしもうまくいくことだけではないんです。
まず、自分がどれだけ真剣に出会いを求めて出会い系サイトを利用していたとしても、相手も同じように真剣に出会いを求めているとは限らないということです。
特に、有料サイトを利用する場合でも、男と女ではサイトを利用する待遇に差がありますよね。

実際にサイトを利用したことがある人だったら知っていると思うのですが、出会い系サイトやアプリを利用している人たちの中には必ず、キャッシュバッカーと呼ばれる女性がいます。
キャッシュバッカーと呼ばれる存在は、必ずしも女性だと言い切ることはできないのですが(サイトを利用する際に、性別を偽ることが必ずしも不可能ではないため)それでも、キャッシュバッカーと呼ばれる会員の大半は女性です。

なぜなら、女性会員だけは優良なサイトを利用する際にも待遇が良くて、サイト内のほとんどの機能を無料で利用することができるからです。
このことについて、女性だけ無料でサイトを利用できるのはずるいと考える男性会員もいるようですが、結局のところ、女性が出会い系サイトを利用しやすくすれば、それだけたくさんの女性会員がサイトに集まってきてくれるということになるので、男性にとっても出会いのチャンスが広がることになるわけです。

でも、女性が出会い系サイトを利用しやすくすることで、キャッシュバッカーのような迷惑な会員が増えてしまうのだとすれば、これは確かに男性会員にとって不利益ですよね。
基本的に、出会い系サイトを利用するうえでのデメリットは、知り合ってもお付き合いできないサクラの存在だといわれています。

サクラがどういう存在なのかというのは、実際に出会い系サイトを利用したことがない人でも知っているかもしれません。
基本的に、悪徳な出会い系サイトに数多く出現して、サイトの利用者の個人情報を盗み出したり、あるいはサイトの利用料などを盗み出したりする存在です。
優良な出会い系サイトの場合、サイトの管理体制やセキュリティーが行き届いていて、さらには出会い系サイトの運営者がわざわざ「チャットレディー」と称して、アルバイトのサクラを雇っているなんてこともないので、サクラはいないといわれています。

ところが「キャッシュバッカー」と呼ばれる女性会員は、優良な出会い系サイトに出没するサクラのような存在なのです。
キャッシュバッカーというのが果たしてどのような存在なのか、それを理解していないと、出会い系サイトを利用する際に大きなタイムロスを経験することになってしまうかもしれません。

キャッシュバッカーは、サクラと違って本当に出会い系サイトに登録している正規の女性会員であることは間違いないのですが、それほど真剣に出会いを求めているわけではないという人たちを指します。
なぜ真剣に出会いを求めていないのに出会い系サイトにいるのか、ということについては人それぞれいろいろな事情があるのだとは思いますが、たいていの人は、そう聞かれると「出会い系サイトを利用しているのは暇つぶし」みたいなことを答えます。

まだ真剣に出会いを求めているわけではないけど、例えばメル友と話をしているだけだったら気楽で楽しい、だから出会い系サイトを利用している、という感じです。
これで他の会員に迷惑をかけなければ、キャッシュバッカーと呼ばれることもないのかもしれませんが、実は自分で分かっているのかわかっていないのかにかかわらず、男性にとって迷惑になってしまうキャッシュバッカーも多いのです。

そもそも、自分がメル友として知り合ったはずの女性が実はキャッシュバッカーだったという時に、そのことに気づけないからこそ、男性は損したような気分になるわけです。
あわよくば恋人かセフレか、そういうふうに期待していた女性が全くお付き合いのできない相手だとわかったら、そりゃああがっかりしてしまうのが普通ですよね。

男性を相手に思わせぶりなメールのやり取りをすることで、男性にいろいろ勘違いさせてしまうのがキャッシュバッカーの迷惑なところですが、そもそもどうしてそんなに迷惑な行為をしているのかといえば、実はちゃっかり出会い系サイトを利用しながらポイントを稼ぐためなんですよね。

これも、出会い系サイトを利用する女性にだけ優遇されたサービスなのですが、出会い系サイトを利用してためたポイントを、例えば出会い系サイトを利用する際にそのまま利用できたり(アプリの利用などに伴うポイントの消費)や、あるいはサイトで利用する以外に、大手のショッピングサイトで利用できるお買い物ポイントに還元できたり、いろいろとお得なサービスがあるわけです。

キャッシュバッカーの目当ては、言ってみればお小遣い稼ぎです。
出会い系サイトを利用いるからといって、それほど大きな金額をいっぺんに稼げるというわけではありませんが、それでも、男性とメールのやり取りをするだけでちょっとしたお小遣い稼ぎができるんだったら、女性にとっては本当にお得な話ですよね。

自分がまだまだ真剣な出会いを求めるつもりなどなくても、なんとなく暇つぶしのような感覚で出会い系サイトを利用したくなるという気持ちもわからなくありません。
もちろん、真剣に出会いを求めている男性の会員にとってみれば、キャッシュバッカーの存在はなかなか迷惑なんですけど。

キャッシュバッカーは悪質なサクラとは少し異なって、本当にそのサイトを利用している女性であることは間違いないので、なんとか自分のほうに気持ちを振り向かせることができたら、というふうに考える男性だって多いでしょう。