テレエッチの基礎知識

テレエッチとは「テレフォンセックス」とも言われます。電話を使って会話しながら、お互いに自慰行為をすることです。気分を高めるフリをしてりしてもいいし、実際にオナニーしてもいいんです。

テレエッチを成功させるには、どれだけリアルな妄想ができるかどうかにかかっています。
どこの誰だかわからない相手としゃべっている……なんて考えは捨てたほうがいいです。
目の前に自分が理想としている異性がいるという気持ちでテレエッチすることが大切でしょう。
ギャップが萌えになりますから、普通の会話はシャイな印象でエッチな会話になると淫乱になると効果があります。

テレエッチへ持ち込む方法

少しエロチックな言葉を会話に入れる事で相手の興奮を誘います。
また自分もその気になるには大切なことです。
「少しエッチな気分になってきたね」というようなキーワードがスタートです。
どこが性感帯だとか、どういった風に触られると気持ちが良いとかの話題に持って行きましょう。

自分のオナニーのやり方を説明するのも効果的

「ひとりで気持ち良くなりたい時があるの……そんなときは、まずクリトリスをパンティの上から突くの」
「触っていいかしら?乳首をそろっと転がすのが好き」
こんな風に解説します。
ちょっと沈黙の時間があったり、服を脱ぐ音を聞かせたり、吐息を聞かせたりします。
「もっと触りたい」「指入れオナニーをしたくなってきた」とペースにもっていけばいいのです。

テレエッチの本番

自慰行為からテレエッチになるには、「相手に要求すればいい」のです。
「アソコを触って……」とか「指を入れて」とか「舐めて」とか「おっぱいを揉んで!」と語りかけましょう。
自分の手をあたかも男性の手だと思い込めばいいです。

「ああぅ、凄い!」「奥まで入れてほしい」「そうよ!そこが気持ちいいの」「もっと激しくして頂戴!」と挑発しましょう。
擬似セックスができます。
セックスは自分も相手も気持ちよくなるのが特徴です。
「オチンチンを舐めてもいい?」なんて台詞は最適です。
口を使ってチュパ音をたてて「もうこんなに固くなってるじゃない」と言えば合格!
テレエッチは顔が見せませんから、効果音や言葉で刺激することが大切です。

テレエッチに関する詳細情報はコチラ→http://www.trekurajapon.com/