オナクラ、スワッピング、そして不倫プレイ

夫婦と言えども、自由な関係ではありません。奥様にも人格があり、男性は、束縛しているというものの、奥様を自由に、召使いのように操ることが出来ないのです。だから、男性は、オナクラへ行ったりもします。奥様がいるというのにです。

ライト感覚のオナクラに通う男性

いろいろな風俗があります、現在も堂々と頑張っている風俗には、ソープランド、デリバリーヘルスと言ったジャンルがありますが、それと比較をしてライト感覚のオナクラも、結構頑張っている風俗です。料金が安いことが大きな魅力です。

実際にオナクラと言うものの、いろいろな種類がありますが、オナニーを楽しむクラブ、言葉通りの内容が基本にはあります。男性が、お店まで来てわざわざ自慰をする場所です。風俗といえば、女の子がいて、女の子にしてもらうことが基本スタイルであることを比較しても、わざわざお店まで行って自慰をするというのは、違和感を感じたりするのではないでしょうか。お店に出かけて行ったというのに女の子にしてもらうことが出来ないのです。しかし、それをオナクラといいます。

別に家でも出来そうと思うのかもしれませんが、しかしやっぱりお店まで来る意味は全然違っていたのです。

女の子の前でオナニー

違いは、オナニーをするにしても、可愛い女の子が前にいてくれ、オナニーをじっと見てくれていることです。女の子が、男性の一番あわれな光景を見てくれることによって、男性はこの上もなく快感を得ることが出来ます。男性をこの上ない哀れというかもしれませんが、実際に自分の普段さらけ出すことが出来ない、※既婚者が奥様に対してもです、醜態をさらけ出すということは、権力の誇示でもあります。男性は、女性の前で権力を誇示して、勝ち誇ると同時に、大きな性的刺激をここで得ることが出来ます。

融通の効かない奥様を支配

オナクラという風俗も、奥様にはそのようなことをしてもらうことが出来ないから、とても刺激です。しかし、無理に奥様に、オナクラを強要するというのも方法かもしれません。セックスレスでどんどん夫婦の関係がマンネリ化すると言いますが、夫婦がマンネリ化しない方法など、努力をすればいくらでも見つけることが出来るのです。一度、奥様にオナクラの相手になって欲しいとお願いしてみましょう。

それが、ひょっとしたら男性が不倫サイトを利用しなくても済む方法です。奥様に、無理にちょっとでも行動をしてもらえば、男性は不倫サイトを利用しないでも、夫婦のマンネリ化の危機は脱することが出来るのかもしれません。

スワッピング

奥様にオナクラの相手をしてもらうことも、普段体験出来ない刺激かもしれませんが、そのお願いする努力は、奥様にスワッピングに行ってもらえないかとお願いするのにも匹敵します。奥様と一緒にスワッピングに参加することが出来れば、いえ奥様を、嫌というのに無理矢理スワッピングに連れていくことが出来れば、それが、男性の支配した大きな刺激となるでしょう。性が満たされるとは刺激であり、支配の頂点に立つことであり、逆に言えば、女性に、くずのようにふみつけられてゴミ化することでもあります。男性は、無理にスワッピングを強要し、他の男性に支配される妻を客観的に見て嫉妬し、それが再び性の刺激となります。

不倫サイトはどうか

そして、不倫サイトに見向きする男性たちがいます。不倫サイトと呑気なことを言っているかもしれませんが、それは援助交際よりも罪かもしれませんし、姦通にも匹敵することであり、他の国では、重罪に罰せられるようなことを呑気に遊ぼうと思っているのです。遊びという意識ならまだ救われているのかもしれませんが、夫婦との関係を健全に保つために、冷静を失わないようにしていただきたいとは思いますが。不倫サイトは、ちょっとつまはじきになりそうな既婚者が集うサイトです。