Monthly Archives: 2月 2016

セフレにメアドを教えても大丈夫ですか?

出会い系サイトを利用してコミュニケーションをとるなら、サイト内に個人で設置されているメールの受信箱や掲示板などを利用することになるため、出会い系サイトの利用者同士で自分の携帯やパソコンのメールアドレス、電話番号などを教えあう必要がありません。

だからある意味では、出会い系サイトを利用する人たちのプライバシーは守られているということができるでしょう。確かに出会い系サイト上でのコミュニケーションは匿名性が基本であり、そのことをかなり問題視している人もいるのですが、匿名性があるからこそ利用者同士のプライバシーが守られているという良い点もあるわけです。

ただ、出会い系サイトを通じて知り合い、お互いのメールアドレスや電話番号を知らないカップルとかだったら、コミュニケーションをとるためだけにいちいち出会い系サイトにアクセスしなければならないということになるのです。
実際にその細かい作業をやってみると分かると思うのですが、例えばメル友のメールをチェックするためだけに出会い系サイトにアクセスして……ということを繰り返していると、だんだんと面倒に感じてくるのです。

仲のいいメル友などがいればなおさら、いちいち出会い系サイトにアクセスしなくても、相手のアドレスとか電話番号がわかっていればそれでコミュニケーションがとりあえるのになあと考えるようになります。
私は実際、そのように考えたことがあります。

ただ、こう考えるのは決して私だけではないと思うのですが、パートナーの女性にアドレスや電話番号を聞くのって、結構勇気のいることじゃないですか?
本当にそんな個人情報を聞き出そうとしても大丈夫か、という気分になります。
そんなことを聞き出そうとしたら嫌われてしまうのではないか、こういう不安については、絶対にほかにも気にしている人がいるはずです。

実際、繰り返しになるかもしれませんが、出会い系サイトを利用している限り、知り合った相手に自分のメールアドレスを教えなくてもコミュニケーションが取れるという点について出会い系サイトの使用を気に入っているという人が絶対にいるはずなのです。
せっかくそういうシステムがあるのに、後から自分の携帯とかパソコンとかのメールアドレスを聞き出されたらあまり意味がないじゃないかと思う人がいるのもまあわかります。
私が女性の立場であっても多分そのように思うでしょう。
基本的に女性は、素性が見えない相手に対して自分のアドレスや電話番号など個人情報を教えることについて抵抗を感じるという傾向があるみたいです。
相手が誰だかよくわからない以上、そんな人に大事な個人情報を教えたくないという気持ちは、もちろん男性の側にだってあると思うのですが。

ただ、やっぱり仲良くなったパートナーには、自分のアドレスくらい教えてもいいんじゃないかなと考える人がいると思います。
住所とか電話番号は、さすがに何かトラブルがあった時に変更しようとすれば結構手間がかかるけれども、メールアドレスだったら、万が一何かトラブルがあっても比較的簡単に変更できるのではないかなと、そんな感じです。

私は出会い系サイトを利用して一人の女性に知り合いました。
私はその人と、じっくりまずはメル友として付き合っていこうというふうに考えていたんです。
でも相手の女性は全然そういう考え方じゃなくて、なんだかすごくせっかちに見えたって言ったらさすがにその女性に失礼かもしれませんが、じっくりお付き合いさせていただければ嬉しいですってわたしが言ったら、とりあえずどこかで食事でもしませんかって誘ってきたんです。

もちろん、女性の側から誘ってもらえればうれしいものなのですが、でも私はまだまだ出会い系サイトを利用し始めてから日が浅かったですし、出会い系サイトを利用して出会いを求めるのはそれなりに難しいことだとも考えていました。
それなのにサイトを利用して知り合ったばかりの女性にいきなり食事に誘われて、これは誰だって戸惑うでしょう。
こんなに簡単に関係が進んでいいのかって。
いやもちろん、食事に誘われたくらいではまだ全然関係が進展したとは言えないだろうと考える人だって多いと思うのですが。

正直、騙されているのだろうとも思いました。
相手の素性だってよくわからないままでしたし、なんとなく自分より年上なのかなというイメージはありましたが、どういう人かを尋ねるなんてすごく失礼なことに思えて、やっぱり勇気がなかったんですよ。

それで、騙されていたら逃げようと思ってとりあえずデートの待ち合わせ場所に行ったんです。
いきなりデートと表現するのは間違いかもしれないのですが、結論から言うと私は騙されていませんでした。
待ち合わせ場所に彼女はちゃんと来たんです。
顔を見たとたんにお金を請求されたり、なんだか怪しげな商品を売りつけられたり、女性の周りに怖そうなお兄さんがいたり、風俗店に連れていかれそうになったり、よくある詐欺みたいな話も一切なかったんです。

食事をしながら彼女はやっぱり、私に対してセフレという関係を持ってくれないかといいました。
そんな直接的な言い方ではなかったですが(場合が場合ですし)でもどう聞いてもそうとしか聞こえないような誘い方でした。
完全に年上の余裕みたいなものを感じましたね、私はまだ大学生なんで、はっきり言ってなめられているとしてもそれはしょうがないことなんですけど、ここまで余裕があるとさすがに男との付き合い方にも慣れているんだろうなと思ったら、やっぱり相手は人妻でした。
私はもう結婚しているから、例えば恋人同士としてのお付き合いはできないけれど、でも君とはうまくやっていけそう、旦那よりもいいというふうに言われたんです。

いろいろな事情はあるのでしょうが、出会い系サイトを利用してセフレを募集する人妻は、基本的に自分の現状に不満を持っているか、あるいは旦那との関係がうまくいっていないのだといううわさは聞いたことがありました。
出会い系サイトを利用してセフレを募集するなら、人妻が一番ねらい目だなんてことがよく言われるのも、要は人妻だったら欲求不満を抱えて出会い系サイトを利用していることが多いからなんです。
じっくり恋人探しをしようなんてことは、あまり考えていない人が多いですね。
実際に、私とセフレの関係を持とうといってきた人妻はそんな感じでした。
もう一度恋がしたいというよりは、自分が抱えている欲求不満を解消したいという感じです。
ひょっとしたら私の他にも、お気に入りのセフレみたいな人がほかにもいるのかなということも何となく想像してしまいました。

でも、こういう人妻にとっては、出会い系サイトを利用してセフレを募集すること自体が、ひょっとするともう一度恋をするみたいなことなのかなというふうに想像したりもします。
わざわざ出会い系サイトを利用するということは、旦那には要求できないことを出会い系サイトで知り合ったパートナーに対して求めているのかもしれません。
そして私がもしも彼女の願望を満たすことができたら、私は彼女にセフレとして認められるのかなとか、そんなことを思いました。

ただ気になったのは、今後は出会い系サイトを利用しなくても簡単にメールで連絡をとりあえるようにしたいからといわれて、メールアドレスを聞かれたことです。
その時はあまりよく考えずに、メールアドレスくらいだったら別に教えてもいいかと思って、結局は疑いもせずに教えてしまったんですけど。

出会い系サイトを利用して知り合った女性(セフレ候補)に、簡単に自分のメールアドレスを教えてもよかったんでしょうか?
いざとなったら変更するという方法もありますが、私の場合一つ失敗したなと思ったのは、出会い系サイトを利用する前の段階で、フリーのメールアドレス(普段仕事で使うアドレスとは別に、無料で取得できるアドレス)をとっておくのを忘れたことです。

出会い系サイトを利用するうえでは、どんなトラブルに巻き込まれるかわからないので、慎重な人ほど、自分のメールアドレスが悪い人に知られても大丈夫なように、使い捨てで利用できるメールアドレスをあらかじめ取得しておくんです。
こうすれば、出会い系サイトを利用していて万が一トラブルに巻き込まれることがあっても、出会い系サイトに登録しているアドレスは普段仕事などで利用しているアドレスとは別のものということになるので、例えば職場の人たちに、メールアドレスを変更しましたとか言っていちいち連絡を回す必要がないんです。

私の場合はそんな感じで、出会い系サイトを利用するためだけのアドレスというものを取得しておくのを忘れたので、もし何かトラブルに巻き込まれたとしたら、その際にはメールアドレスを変更しなければならないでしょう。
すると、当然のことながら職場の人間にも「メールアドレスを変更しました」というお報せを回さなければいけないので、それがかなり面倒だなとは思っています。
自分が悪いので、仕方がないんですけど。

皆さんがもし出会い系サイトを利用するときは、それが優良なサイトだからとかいうのは関係なく、出会い系サイトを利用するためだけに使うフリーのメールアドレスを取得しておいた方がより安全ですよ。